中京区 二条城洛中の路地裏でみつけた一軒家

京都発見物語それぞれの営みにあった住まい

光徳×MONAKA

「地価」にあらわれない「価値」 住み手の心にフィットする物件を

株式会社光徳では、資産価値の高さや立地、利便性等の条件にかなわず見落とされてきた古家の隠れた魅力を見出し、再構築していくプロジェクトを開始しました。

タッグを組んだのは、建設設計事務所・STUDIO MONAKAの仲本健一郎氏。京都と沖縄に拠点を置き、リノベーションのほか個人宅の設計やイベントの開催など、多岐にわたる「空間づくり」を提案している建築士・インテリアプランナーです。

仲本氏との対話から生まれたのは、古家の隠れた魅力を再発見し、手を加えることで新たな価値を創造していきたいという想い。京都の街には、これまでの価値のつけ方では見過ごされてきた潜在的な魅力を持った物件が、まだまだたくさんあります。これらを活かさないのはもったいない。従来の価値観に拠らないクリアな視点で物件と向き合い、細部をじっくり見つめることで、その建物ならではの良さが見えてきました。

私たちにとって大切なのは条件の善し悪しではなく、思い入れが持てるかどうか。住む人が満足感、幸福感を得られるかどうかです。再発見した建物の魅力を引き立てるリノベーションを行い、その建物や場所だけの持ち味、面白みを感じていただける方へお届したいと考えています。

余白のある設計で“自分らしい場づくり”を実現、住むごとに愛着が増す空間に

プロジェクト第一弾として手掛けるのは、二条城近くの物件。気づかずに通り過ぎてしまいそうな細い路地奥にひっそり佇む平屋です。あとから増築した部分と連結した造りで、土地面積は15坪ほどとかなりコンパクト。法律上、一度取り壊してしまうと建て替えができないということもあり、現状では活用方法が想像しにくいのが難点となっていました。

そこで今回は、全面的な改装で建物を生まれ変わらせる計画に。意識したのは、細部をつくり込みすぎないこと。住む人が自ら手を加え、「その人らしい表情や味わいのある場所」、「愛着の持てる場所」へと“育てて”いっていただきたい、という想いから、あえて余白を残した設計にしました。シンプルなしつらえなので、住職一体型のオフィスやアトリエ、住宅、セカンドハウスなど、幅広い用途にご利用いただけます。

南向きの玄関から見て右手はキッチン&ダイニング、左手はリビングという間取り。周囲に住宅が密集していて自然光を取り入れにくい立地ですが、内装を白でまとめることでパッと明るい印象に。玄関から奥庭を見通せるつくりにすることで、視線の抜けを確保して閉塞感を払拭しています。 大がかりな改装となると膨大な費用がかかるのでは?というお声も耳にしますが、バスルームやランドリーといった水回りを一箇所にまとめることで、施工のローコスト化を実現。キッチンは見た目のよさと低コストを兼ね備えたミニマルなタイプを採用しています。

リビングには土間をしつらえ、オフィスや作業場としても利用しやすいように。天井の空間を利用してロフトをつくり、限られたスペースを効率的に活用しました。

街の中心部から少し離れた落ち着いた環境ながらも、JR山陰本線・地下鉄東西線「二条駅」から徒歩圏内と交通の便は良好。周辺には日々のお買い物に便利な大型スーパーや三条会商店街、書店や映画館、飲食店などを有するBiVi二条など、さまざまな施設が揃っています。

進捗状況

201912/24

現地調査

既存状態の確認のため現場へ。
建物周辺やアプローチの路地の雰囲気、建物への光の入り方を確認して設計のイメージを広げていく。

20207/29

現地調査

一次解体

建物の構造材の状態を確認するために床や壁・天井を剥がし、柱・梁の状態を確認する。
使えるものと使えないものを確認して構造補強について相談を進めていった。

202010/3

現地調査

一次解体

着工

構造補強をしながら新たに建てる壁部分はスケルトン状態に。同時に配管工事を進めていく

202010/9

現地調査

一次解体

着工

大工工事

大工さんが入ってきて本格的に木工事が始まった。既存の柱と新しい梁をつなぐ。とても丁寧にやってもらっている。

202010/15

現地調査

一次解体

着工

大工工事

開口部の検討

窓を考える。
小さな空間では窓の取り方で空間の広がりが変わる。光や使い方なども同時に検討しながら決めていった。

TOPへ
戻る